CentOSのSELinuxを無効化する

動作確認済み OS

CentOS 7系
CentOS 8系

1. 現在の状態を確認する

# getenforce
Enforcing

2. SELlinux のconfigを開き「SELINUX=enforcing」を「SELINUX=disabled」 に変更する。

# vi /etc/selinux/config

# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
SELINUX=enforcing
# SELINUXTYPE= can take one of three values:
#     targeted - Targeted processes are protected,
#     minimum - Modification of targeted policy. Only selected processes are protected.
#     mls - Multi Level Security protection.
SELINUXTYPE=targeted

3. OSを再起動する。

# reboot now

4. 無効化されていることを確認する。

# getenforce
Disabled

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。