Windows Server 2012R2の起動・停止のイベントログを確認する

スポンサーリンク

Windows Server 2012R2でOSが起動・停止すると以下のようなログが出力されます。以下は代表的なイベントログです。状況により出力されるログが異なったり、出力されなかったりしますので、参考情報としてください。
※参考:「イベントビューア」の開き方

正常に起動停止された場合

1.起動

レベルソースイベントID概要
情報EventLog6005イベントログサービスが開始されました。
情報
EventLog
60013システムの稼働時間は 5 秒です。

2.停止時

レベルソースイベントID概要
情報EventLog6006イベントログサービスが停止されました。
情報User321074次の理由で、プロセス Explorer.EXE は、ユーザー Xの代わりに、コンピューター Xの シャットダウン を始めました
情報 User32 1074次の理由で、プロセス C:\Windows\Explorer.EXE (X) は、ユーザー Xの代わりにコンピューター X の 電源を切るを始めました
情報Winlogon7002カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのユーザー ログオフ通知

正常に起動停止されなかった場合

起動後のイベントログに以下のようなログが記録されている場合は電源障害などで突然電源が切れたなどの原因が考えられます。

レベルソースイベントID概要
重大Kernel-Power41システムは正常にシャットダウンする前に再起動しました。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか