【解決策】このPCでは Windows 11 を実行できません

スポンサーリンク

1. 事象

以下のメッセージが表示され Windows 11のインストールができない。

このPCでは Windows 11 を実行できません
このPCは、このバージョンの Windows をインストールするための最小システム要件を満たしていません。詳細については、https://aka.ms/WindowsSysReq を参照してください。

このPCでは Windows 11 を実行できません
このPCは、このバージョンの Windows をインストールするための最小システム要件を満たしていません。詳細については、https://aka.ms/WindowsSysReq を参照してください。

2. 原因

Windows 11 のシステム要件を満たしていないことが原因です。

主なシステム要件
  • CPU: 1 GHz 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ
  • メモリ: 4 GB 以上
  • ディスク: 64 GB 以上
  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
  • システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応。

※参考:Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認するWindows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する

2.1. CPU

余程のことがない限り、CPU 2コアの要件は満たしていると思います。
※当編集部で確認したところ、1コアだと「このPCでは Windows 11 を実行できません」インストールできませんでした。

2.2. メモリ

最近のPCであれば、メモリ4GB以上の要件は満たしていると思います。
※当編集部で確認したところ、メモリ4GB未満だと「このPCでは Windows 11 を実行できません」インストールできませんでした。

2.3. ディスク

要件は64GBになっていますが、厳密にはインストール要件としてチェックしていないようです。当編集部で確認したところディスクについては 30 GBでもインストールできました。とはいえ 64GB程度の容量は確保したいのは確かです。

52GB未満だと下記の警告ができますが「次へ」をクリックしてインストールを進めることができます。

このバージョンの Windows をインストールするには、システムドライブが52GB以上である必要があります。

インストール直後の状態です。Cドライブの容量が約30GBでも、10GB程度の空き領域があります。

2.4. TPM

TPMをオンにする

TPM についてはPCに機能があってもオフになっている場合がありますので、TPM の設定を確認してください。TPM のオン/オフ はBIOSの設定でおこないます。なお TPM は BIOSの設定では PTT (Intel Platform Trust Technology) と呼ばれますが、同じものを指しています
※参考:ASRock製マザーボードのPTTを有効にする

TPMの要件チェックを回避する

Windows インストール時にTPMのチェックをしないようにすることができます。
※参考:【Windows 11】TPMを回避してWindows 11をインストールする

2.5. システム ファームウェア

当編集部で確認したところ セキュアブートが無効な状態でも Windows 11をインストールすることができました。UEFI、セキュア ブート対応していれば良く、セキュアブートが有効になっている必要はないようです。

以上。

下記の記事もおすすめです。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか