Powershell でローカルグループポリシーを操作する(インストールなし)

残念ながら Windows のローカルグループポリシーは、そのままだとPowershellを使って操作をすることができません。

PolicyFileEditorをインストールすると、Powershell から操作できるようになりますが、PolicyFileEditorのインストールの前提条件などがあり、環境によっては意外と障壁が高かったりします。

当編集部で PolicyFileEditorをインストールしないで利用する方法を確認し、検証しましたので紹介したいと思います。ポータブル版のように使うことができるので、使いたいときに配置して、不要になったら削除するといった利用が可能です。

1. PolicyFileEditorをマニュアルダウンロードする

Powershellgallery.com」から「policyfileeditor.x.x.x.nupkg」をダウンロードします。
※当編集部では「policyfileeditor.3.0.0」で検証しています。

2. policyfileeditor.x.x.x.nupkgを解凍します

有料記事

本記事は有料 495円 (税込) となります。こちら からパスワードを購入して続きをご覧ください。
※残りの文字数は110文字程度、画像は2枚です。ボリュームは少ないですが、シンプルな手順でPolicyFileEditor をインストールなしで利用する方法を記載しています。

この続きをみるには

本記事は有料となります。続きを読むにはパスワードを購入してください。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。