Windows エラー報告を無効にする(Windows 2012R2、2016)

複数の方法がありますが、Windows Sever 2012R2 の場合も2016の場合もローカルグループポリシーから設定するのがおすすめです。

Windows Sever 2012 R2 の場合

1. ローカルグループポリシーエディターから設定を変更する

「ローカルグループポリシー エディター」を’起動して「Windows エラー報告を無効にする」の設定を「有効」にします。
※参考:ローカル グループポリシー エディターの開き方
※パス:コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows エラー報告 > Windows エラー報告を無効にする

2. アクション センターから設定を変更する

この方法はおすすめしません。理由はグループポリシーおよびレジストリでは設定が反映されていないように見えるからです。

3. レジストリを直接編集する

レジストリを直接編集することもできます。
※参考:「レジストリエディタ」の開き方

Path: HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting
name: Disabled
type: REG_DWORD
data: 1

レジストリの設定を直接変更した場合、ローカルグループポリシーでは設定が反映されていないよに見えますが、表示上の問題でありレジストリに設定したとおりに動作します。

Windows Server 2016 の場合

アクションセンターがなくなっているので、グループポリシーまたはレジストリから設定してください。
※グループポリシーの設定方法とレジストリの設定方法はWindows Server 2012とまったく同じです。

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。