コマンドでWindows Server のライセンス認証を実施する

コマンドでWindows Server のライセンス認証をするには以下の2つの手順が必要になります。以下のOSで動作確認しました。

動作確認済みOS
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

手順

プロダクトキーのインストール

cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ipk プロダクトキー

ライセンス認証

cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ato

実行例

プロダクトキーのインストール

>cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ipk XXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

プロダクトキー XXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を正常にインストールしました。

ライセンス認証

>cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ato
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Windows(R), ServerDatacenter edition (fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9a) のライセンス認証を実行中…
製品は正常にライセンスされました。

ちなみに 「fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9a」 の部分はSKUと呼ばれる製品を識別するためのコードです。WindowsのVersionやライセンス形態により異なります。「fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9a」の場合はWindows Server 2016 Datacenter Edition (MAKライセンス)の場合です。

以上です。質問はコメント欄から受け付けますので、お気軽にどうぞ。

コメント