コマンドでWindows Server のライセンス認証を実施する

スポンサーリンク

コマンドでWindows Server のライセンス認証をするには以下の2つの手順が必要になります。以下のOSで動作確認しました。

動作確認済みOS
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

手順

プロダクトキーのインストール

cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ipk プロダクトキー

ライセンス認証

cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ato

実行例

プロダクトキーのインストール

>cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ipk XXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

プロダクトキー XXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を正常にインストールしました。

ライセンス認証

>cscript C:\Windows\System32\Slmgr.vbs /ato
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Windows(R), ServerDatacenter edition (fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9a) のライセンス認証を実行中…
製品は正常にライセンスされました。

ちなみに fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9a の部分はSKUと呼ばれる製品を識別するためのコードです。WindowsのVersionやライセンス形態により異なります。fea51083-1906-44ed-9072-86af9be7ab9aの場合はWindows Server 2016 Datacenter Edition (MAKライセンス)の場合です。

以上です。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか