Windows Server 2016 の Windows Updateを無効化する方法まとめ

本稿ではWindows Server 2016 の Windows Updateの無効化についてまとめます。

本記事の記載内容
  • Windows の自動更新をGUIから無効化したい
  • Windows の自動更新をコマンドで無効化したい
  • Windows Update が無効化されない

本記事の対象OSは Windows Server 2016 です。Windows Update の動きは、Windows Server 2012以前や、Windows Server 2019 以降で変更されております。またサーバーOSとクライアントOSでも動きが異なります。

Windows Update の無効化方法

① GUI から無効にする

グループポリシーで自動更新を構成するを「未構成」から「無効」に変更する。

コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > Windows Update > 自動更新を構成する

② レジストリ から無効にする

上記のGUIの操作をおこなうとレジストリは以下のように設定されます。レジストリを直接操作することでも、Windows の自動更新を無効にできます。

レジストリを直接編集することでも自動更新は無効になりますが、グループポリシーの「自動更新を無効にする」の表示は変更されません。

Windows Update – 自動更新を有効にする
  • Path: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU
  • name: NoAutoUpdate
  • type: REG_DWORD
  • data: 1

※1が自動更新無効、0が有効です。

コマンドで編集したい場合はコマンドプロンプトまたは、PowerShellで以下のコマンドを実行してください。

コマンド

reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU /v NoAutoUpdate /t REG_DWORD /d 1 /f

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update

似たようなレジストリがありますので、間違えないように気をつけてください。Windows 2016のWindows UpdateをGUIから変更すると書き換えられるレジストリは上記になります。

参考:GUIから操作した場合のレジストリの動きは下記のとおりです。
未構成の場合

未構成の場合はレジストリが存在しません。

未構成の場合

有効にするとがレジストリが作成されます。

Windows Updateが無効化されない

GUIとレジストリ両方確認してみてください。設定が正しい場合は下記の記事をご参照ください。

以上です。質問はコメント欄から受け付けますので、お気軽にどうぞ。

コメント