Windows Server 2019 を日本語化する

やるべきことは次の5つ。

1. 日本語のインストールと表示言語の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows Settings」 を開く。
2. 「Time & Language」をクリックする。


3. 「Language」- 「Add a language」をクリックする。

4.検索窓で「日本語」を検索・選択して「Next」をクリックする。

5. 「Install」をクリックする。

6. インストールが完了するのを待つ。

7. 「Will be display language after next sign-in」と表示されたら ログオフ(または再起動)する。

以上。これで表示言語は日本語に切り替わる。

2. 地域の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「国または地域」を「日本」にする。

以上。

3. タイムゾーンの変更

1. 「日付と時刻」の「タイムゾーン」を「(UTC + 09:00) 大阪、札幌、東京」に変更する。

以上。

4. Unicode 対応ではないプログラムの言語の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「言語」-「管理用の言語の設定」をクリックする。

4. 「システムロケールの変更」をクリックし「現在のシステムロケール」を「日本語(日本)」に変更後「OK」をクリックする。

5. 「今すぐ再起動」をクリックして再起動する。

以上。

5. ようこそ画面と新しいユーザーアカウントの言語設定

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「管理用の言語の設定」をクリックする。

4. 「設定のコピー」をクリックする。

5. 下記2つにチェックを入れて「OK」をクリックする。
・ようこそ画面とシステムアカウント
・新しいユーザーアカウント

6. 再起動する。

以上。 

コメント

  1. たお より:

    システムロケールの変更まであれば、日本語化は一通り完了だと思います。
    システムロケールの変更を行わないと、国を判別してインストールするアプリケーションが日本語でインストールできないといった問題が発生します。

    • Windows 実践ガイド編集部 Windows 実践ガイド編集部 より:

      たおさん、コメントありがとうございます。
      わかりづらかったかもしれませんが「4. Unicode 対応ではないプログラムの言語の変更」にてシステムロケールを「日本語(日本)」に変更しております。

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。