Windows Server 2019 を日本語化する

スポンサーリンク

やるべきことは次の6つ。

1. 日本語のインストールと表示言語の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows Settings」 を開く。
2. 「Time & Language」をクリックする。

3. 「Language」- 「Add a language」をクリックする。

4.検索窓で「日本語」を検索・選択して「Next」をクリックする。

5. 「Install」をクリックする。

6. インストールが完了するのを待つ。

7. 「Will be display language after next sign-in」と表示されたら ログオフ(または再起動)する。

以上。これで表示言語は日本語に切り替わる。

2. 地域の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「国または地域」を「日本」にする。

以上。

3. タイムゾーンの変更

1. 「日付と時刻」の「タイムゾーン」を「(UTC + 09:00) 大阪、札幌、東京」に変更する。

以上。

4. Unicode 対応ではないプログラムの言語の変更

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「言語」-「管理用の言語の設定」をクリックする。

4. 「システムロケールの変更」をクリックし「現在のシステムロケール」を「日本語(日本)」に変更後「OK」をクリックする。

5. 「今すぐ再起動」をクリックして再起動する。

以上。

5. ようこそ画面と新しいユーザーアカウントの言語設定

1. Windows ロゴキー I キー を同時に押し「Windows の設定」 を開く。
2.「時刻と言語」をクリックする。

3. 「言語」-「管理用の言語の設定」をクリックする。

4. 「設定のコピー」をクリックする。

5. 下記2つにチェックを入れて「OK」をクリックする。
・ようこそ画面とシステムアカウント
・新しいユーザーアカウント

6. 再起動する。

以上。

6. Windows Update の実行

Windows Updateの実行方法については下記を参照してください。

参考:Windows Update を実行する

Windows Update を実行しないとローカルグループポリシーやセキュリティポリシーを起動したときにエラーメッセージが発生することがあります。
※参考: リソース ‘$(string.xxxxxx)'(属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。 ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\xxxxxx.admx、行 xx、列 xx

以上。 

コメント

  1. システムロケールの変更まであれば、日本語化は一通り完了だと思います。
    システムロケールの変更を行わないと、国を判別してインストールするアプリケーションが日本語でインストールできないといった問題が発生します。

    • たおさん、コメントありがとうございます。
      わかりづらかったかもしれませんが「4. Unicode 対応ではないプログラムの言語の変更」にてシステムロケールを「日本語(日本)」に変更しております。

  2. MSからダウンロードした Windows Server はインストール時に日本語選択できるよ。

    • papaさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおりMSからダウンロードしたisoを利用する場合はこの手順は不要ですね。AzureなどでWindows Server を利用する場合は自分で日本語化する必要がありますが、これが意外と面倒なんですよね。

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか