リモートでサインインするには、リモート デスクトップ サービス経由でサインインする権限が必要です。

動作確認済み OS

Windows Server 2019

事象

Administrators グループや Remote Desktop Users グループに所属しているユーザーで、リモートデスクトップ接続できない。

リモートでサインインするには、リモートデスクトップ サービス経由でサインインする権限が必要です。既定では、Remote Desktop Users グループのメンバーがこの権限を持っています。所属しているグループに権限がない場合や、Remote Desktop Users グループから権限が削除されている場合は、権限を追加する必要があります。

対処方法

まず、このメッセージが出る場合はユーザー名とパスワードは間違っていないので、メッセージのとおり接続しようとしているユーザーにリモートデスクトップ接続する権限がないことが原因です。

従って別のユーザーでリモートデスクトップ接続するか、コンソールを使ってローカル接続してください。

次に「ローカルグループポリシーエディター」を開き以下のポリシーの設定を確認します。
※参考:ローカル グループポリシー エディターの開き方

  • リモートデスクトップ サービスを使ったログオンを拒否
  • リモートデスクトップ サービスを使ったログオンを許可

デフォルトでは下の図のようになっているので、まずはこのとおりの設定になっているか確認しましょう。AdministratosRemote Desktop Users が許可されている状態です。

既に上記のとおりになっている場合は、別の原因を探ってみてください。
以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。