Windows OSからメモリ情報を確認する方法いろいろ

スポンサーリンク

様々な方法がありますが、方法により確認できる情報が異なります。下記のエントリも合わせてご参照ください。
※参考: Windows のメモリを理解する

1. タスクマネージャー

搭載メモリ(16GB)や使用中のメモリ(9GB)が表示されます。
※参考:「タスクマネージャー」の開き方

2. リソースモニター

リソースモニターを使うとより視覚的にメモリの構成を確認することができます。搭載メモリ16GBのメモリを搭載しているPCで確認していますが、その内訳がわかります。
※物理メモリの内訳を合計すると 16384 MB(1024MB × 16)になります。
※参考:「リソースモニター」の開き方

各項目の意味につては下記のエントリで詳しく解説しています。
※参考: Windows のメモリを理解する

3. システム情報(msinfo32)

システム情報を使うと物理メモリの情報だけではなく、仮想メモリの情報も確認することができます。※参考:「システム情報」の開き方

各項目の意味につては下記のエントリで詳しく解説しています。
※参考: Windows のメモリを理解する

4. DirectX 診断ツール

搭載メモリのサイズがMB方式で表示されます。確認したPCは16GBのメモリを搭載しているため、16384 MB (1024 MB × 16)となっています。
※参考:「DirectX 診断ツール」の開き方

5. systeminfo

コマンドプロンプトを起動して systeminfo を実行することで、物理メモリと仮想メモリの情報が確認できます。
※参考:「コマンドプロンプト」の開き方

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか