Windowsのメインストリームサポートと延長サポートの違い

メインストリームサポートと延長サポートの違いは概ね下表のとおりですが、重要なのは延長サポートになっても、セキュリティパッチや重大なバグを修正するパッチは引き続き提供されるということです。

したがってシステム導入時に考慮すべきサポート期限(EOSL)は延長サポートの期限となります。延長サポートが終了するとセキュリティパッチやシステムの安定稼働にかかわる重大なバグの修正がおこなわれなくなりますので、延長サポートが終了する前に次のバージョンに移行する必要があります。

メインストリームサポート延長サポート
機能の追加x
機能の改善x
脆弱性の修正
重大なバグの修正

単に「サポート終了日」といった場合は、延長サポートの終了日と考えて問題ありません。

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。