PowerShellの操作ログを取る

スポンサーリンク

Start-Transcript コマンドで操作ログを取得できます。

1. 基本操作

操作ログの記録開始
PowerShell を起動して、以下のコマンドを実行する。

Start-Transcript

操作ログの記録停止
PowerShell を起動して、以下のコマンドを実行する。

Stop-Transcript

2. オプションと実行例

① デフォルト

デフォルトの場合 %userprofile%\Documents にログが保存されます。

書式

Start-Transcript

実行例

> Start-Transcript
トランスクリプトが開始されました。出力ファイル: C:\Users\Administrator\Documents\PowerShell_transcript.WIN2019.FApB7Uv3.20211112231536.txt

② ログの出力先を指定(上書き)

-Path オプションで、ログファイルの出力先を指定できます。
※デフォルトでは同名のファイルが存在する場合は上書きします

書式

Start-Transcript -Path <ログファイルのパス>

実行例

> Start-Transcript -Path C:\tmp\test.log
トランスクリプトが開始されました。出力ファイル: C:\tmp\test.log

③ ログの出力先を指定(追記)

-Append オプションを指定すると、すでに同名のファイルが存在する場合は追記をします。

書式

Start-Transcript -Append -Path <ログファイルのパス>

実行例

> Start-Transcript -Append -Path C:\tmp\test.log
トランスクリプトが開始されました。出力ファイル: C:\tmp\test.log

④ ログの出力先を指定 ※ファイルが存在する場合は失敗させる

-noclobber オプションを指定すると、すでに同じファイルが存在する場合はコマンドを失敗させます

書式

Start-Transcript -noclobber -Path <ログファイルのパス>

> Start-Transcript -noclobber -Path C:\tmp\test.log
Start-Transcript : ファイル C:\tmp\test.log は既に存在しますが、NoClobber が指定されました。
発生場所 行:1 文字:1
+Start-Transcript -noclobber -Path C:\tmp\test.log
+
+ CategoryInfo : ResourceExists: (C:\tmp\test.log:String) [Start-Transcript], UnauthorizedAccessException
+ FullyQualifiedErrorId : NoClobber,Microsoft.PowerShell.Commands.StartTranscriptCommand

以上。

PowerShell に関しては下記の本をお勧めしておきます。プログラミング初心者向けに丁寧に解説されています。2015年に出版された本ですが、PowerShell の基本的なコマンドはかわらないので何の問題もありません。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか