Windows Update のログを確認する

OSのバージョンによって確認方法が違います。

Windows Server 2012R2 以前の場合

Windows Server 2012R2 以前は C:\Windows\WindowsUpdate.log に記録されます。

Windows Server 2016 以降の場合

Windows Server 2016 以降は C:\Windows\WindowsUpdate.log は存在しますが、下記のメッセージが記載されているのみで、実際のログは記録されていません。

Windows Update logs are now generated using ETW (Event Tracing for Windows).
Please run the Get-WindowsUpdateLog PowerShell command to convert ETW traces into a readable WindowsUpdate.log.

For more information, please visit https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=518345

C:\Windows\WindowsUpdate.log

下記にあります。

Windows Server 2016 以降の WindowsUpdateログの実態は C:\Windows\Logs\WindowsUpdate フォルダに格納されている .etl ファイルです。.etl ファイルは直接開くことができませんので、下記のPowerShellコマンドでテキスト形式のファイルに変換してください。
※参考:「PowerShell」の開き方

書式

Get-WindowsUpdateLog -LogPath <出力先>

実行例

PS C:\Users\Administrator> Get-WindowsUpdateLog -LogPath C:\WinowsUpdate.log

Converting C:\Windows\logs\WindowsUpdate into C:\WinowsUpdate.log ...

入力
----------------
ファイル:
     C:\Windows\logs\WindowsUpdate\WindowsUpdate.20211024.095611.692.1.etl
     C:\Windows\logs\WindowsUpdate\WindowsUpdate.20211024.095611.692.2.etl
     C:\Windows\logs\WindowsUpdate\WindowsUpdate.20211024.095611.692.3.etl
     C:\Windows\logs\WindowsUpdate\WindowsUpdate.20211024.095611.692.4.etl

<省略>


WindowsUpdate.log written to C:\WinowsUpdate.log

<参考>

上級ユーザー向けの Windowsupdate.log ファイルの把握
Windows Update のログ ファイル

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。