TPMチェックを回避してWindows 11をインストールする

スポンサーリンク

TPM要件を満たしていないため「このPCでは Windows 11 を実行できません」と表示される場合があります。まずは TPMをオンにできないか確認するべきですが、TPMをオンにできない場合は TPMチェックを回避することで、Windows 11をインストールすることができます。TPMをオンにする方法については下記を参考にしてください。
※参考:このPCでは Windows 11 を実行できません

1. 手順概要

1. インストーラ起動後 Shift キーと F10キー を同時に押して、コマンドプロンプトを起動します。
2. コマンドプロンプトでregedit と入力して、レジストリエディターを起動します。
3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup フォルダーに移動します。
4. setup を右クリックし「キー」を選択します。
5. 新規キーを LabConfig という名前にします。
6. LabConfig を右クリックし「新規」-「DWORD値」を選択します。
7. DWORD値の名前を BypassTPMCheck にします。
8. BypassTPMCheck をダブルクリックし「値のデータ」を「1」にします。

2. 手順詳細

  1. 下記の画面になったら Shift キーと F10キー を同時に押して、コマンドプロンプトを起動します。

2. regedit と入力して Enter キーを押します。

3. 下記のパスを開きます。
パス:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup

4. Setup を右クリックし「新規」-「キー」をクリックします。

5. 新規作成されたキーは LabConfig という名前にします。

6. 空白部分で右クリックし「DWORD(32 ビット)値」を選択します。

7. 名前を BypassTPMCheck にします。

8. BypassTPMCheck をダブルクリックして開き 値のデータを「1」に変更して「OK」をクリックします。

9. レジストリエディターとコマンドプロンプトを閉じて、インストールを再開します。

以上。Windows 11 のインストール手順は下記のエントリを参考にしてください。

※参考:Windows 11 をインストールする

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか