【uptime】Windows の連続稼働時間を調べる方法色々

1. タスクマネージャーから確認する

タスクマネージャーのパフォーマンスタブのCPUを見ると稼働時間がわかります。下記の例では連続稼働時間は2日と2時間55分51秒です。

2. systeminfo コマンドで確認する

コマンドコマンドを起動し systeminfo コマンドを実行することで、最後にOSが起動した日付と時刻がわかります。現在の時刻と起動した時刻の差分からどれぐらい連続で稼働してるかがわかります。

systeminfo
systeminfo

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。