LinuxからWindowsの共有フォルダSMBをマウントする

1. Windowsの設定確認

Windowsの共有フォルダはプロトコルSMB、共有名はtestdirで作成


2. Linux側の設定

samba-client および cifs-utils をインストール

# yum install samba-client
# yum install cifs-utils

マウントポイントの作成(今回は/data)を作成

# mkdir /data

Windowsの共有フォルダをマウント ※Windowsの名前解決ができないので今回はサーバ名ではなくIPで指定
[書式]
mount -t cifs //サーバ名/共有名 /data -o username=<Windowsのユーザ名>

# mount -t cifs //10.1.11.148/testdir /data -o username=Administrator

マウントできていることを確認

# df -hT
Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs devtmpfs 483M 60K 483M 1% /dev
tmpfs tmpfs 493M 0 493M 0% /dev/shm
/dev/xvda1 ext4 7.9G 1.2G 6.7G 15% /
//10.1.11.148/testdir cifs 10G 44M 10G 1% /data

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大