Windows Server 2012 R2でよく使うファイル名を指定して実行コマンド

Windows ロゴキー + Rキー で表示できる「ファイル名を指定して実行」を利用すると、Windows Serverの各機能に一発でアクセスでき生産性があがります。

※コマンドを入力して Ctrl + Shift + Enter を押すと管理者権限で起動できます

ファイル名を指定して実行コマンド

インターネットのプロパティinetcpl.cpl
ユーザアカウント制御の設定UserAccountControlSettings
ローカルユーザとグループlusrmgr.msc
ローカルセキュリティポリシーsecpol.msc
Windows ファイアウォールfirewall.cpl
コントロールパネルcontrol
管理ツールcontrol admintools
Windows Updatewuapp
Windowsのバージョン情報winver
サーバーマネージャーservermanager
ネットワーク接続ncpa.cpl
ディスクの管理diskmgmt.msc
システムのプロパティsysdm.cpl
サービスservices.msc
Windows Power Shellpowershell
レジストリエディターregedit
イベントビューアeventvwr
ユーザーアカウント制御UserAccountControlSettings
ユーザーアカウントnetplwiz
WMIコントロールwmimgmt.msc
コンピューターの管理compmgmt.msc
日付と時刻timedate.cpl
タスクスケジューラtaskschd.msc
ソフトウェアキーボードosk.exe
スタートアップフォルダの起動shell:startup

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。