リモートデスクトップのセッション数を2セッションにする

Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップ接続のセッション数はデフォルトだと1つに制限されています。従って、あるユーザでリモートデスクトップ接続をしているときに、別のユーザがリモートデスクトップ接続すると以下のようなメッセージが表され、セッションが終了してしまします。

リモートデスクトップ サービス セッションが終了しました。

リモートデスクトップ のセッション数制限を無効にする手順

  1. [ファイル名を指定して実行]より、[gpedit.msc] を起動する。
  2. ローカル コンピュータポリシー > コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップ セッションホスト > 接続 を選択し、リモートデスクトップ サービス ユーザーに対してリモートデスクトップサービスを1つに制限するをクリックする。
  1. [未構成] または [有効]から、[無効] に変更し、[適用] をクリックする。

何セッション接続できるのか

Windows Server 2012R2では同時接続できるセッション数は2セッションです。Windows Server 2003の場合は、通常のリモートデスクトップセッション2セッションに加え、コンソール接続1セッションで計 3セッションまで接続できました。Windows Sever 2003で使えた、[mstsc /console] 、 [mstsc /admin] は残念ながらWindows Server 2008以降は使えないようです。

※リモートデスクトップ サービスの役割を追加すれば、 3セッション以上のリモートデスクトップ接続を行うことができますが、ライセンス (RDS CAL) を購入しインストールする必要があります。

3つ以上の接続しようとしたときの挙動

上記の方法で、2セッション利用できるように設定後、3接続目を利用しようとすると、以下のような画面となります。[キャンセル] をクリックすると特になにも起こりません

2つのアクティブ セッションのうち一つを選ぶと、接続しようとする側では[応答するまでお待ち下さい。]というメッセージが表示されます。

一方でセッションを奪われる側では、次のようなメッセージが表示され、セッションを譲るか、拒否するかを選択できます。

上記の画面で、[キャンセル] をクリックすると接続使用とした側には[切断要求が拒否されました]というメッセージが表示されます。

同時に接続できるセッション数は2セッションですが、切断されたセッションを含めると、1ユーザにつき3セションまで利用可能となるようです。

以上。

コメント