Windowsのnetstatコマンドを使いこなす

netstat はネットワーク接続の状況を確認するコマンドです。

[オプション]
・f:外部アドレスをFQDNで表示
・n:外部アドレスをIPアドレスで表示
・a:すべてのポートを表示
・p:プロトコルを指定(TCPまたはUDP)
・o:プロセスIDを表示
・v: サービス名または実行ファイル名 を表示
・r:ルートテーブルを表示 ※route printコマンドと同じ
・e : インターフェース統計情報を表示
・s:プロトコルごとの統計を表示

オプションを指定しないと以下のようになります。

C:\Users\Administrator>netstat

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 10.0.0.67:3389 fz98a436bd:63693 ESTABLISHED
TCP 10.0.0.67:49204 instance-data:http CLOSE_WAIT

fオプションをつけると外部アドレスがFQDNで表示されます。

C:\Users\Administrator>netstat -f

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 10.0.0.67:3389 fz98a436bd:.jkew112.example.jp:63693 ESTABLISHED
TCP 10.0.0.67:49204 instance-data.ap-northeast-1.compute.internal:http CLOSE_WAIT

nオプションをつけると外部アドレスが IPアドレス表示されます。nはnumeric(数字)の頭文字です。

C:\Users\Administrator>netstat -n

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 10.0.0.67:3389 152.163.21.32:63693 ESTABLISHED
TCP 10.0.0.67:49205 169.254.169.254:80 CLOSE_WAIT

aオプションをつけると接続待ちのポートを含めてすべてのポートが表示されます。aオプションを指定しない場合は接続中のポートのみ表示されます。aはallの略です。

C:\Users\Administrator>netstat -a

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 0.0.0.0:135 web01:0 LISTENING
TCP 0.0.0.0:445 web01:0 LISTENING
      <略>
TCP 10.0.0.67:3389 152.163.21.32:63693 ESTABLISHED
TCP 10.0.0.67:49196 instance-data:http CLOSE_WAIT
TCP [::]:135 web01:0 LISTENING
TCP [::]:445 web01:0 LISTENING
      <略>
UDP 0.0.0.0:3389 *:*
UDP 0.0.0.0:5355 *:*

pオプションをつけるとプロトコルの指定ができます。
[TCPを指定]

C:\Users\Administrator>netstat -ap tcp

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 0.0.0.0:135 web01:0 LISTENING
TCP 0.0.0.0:445 web01:0 LISTENING
TCP 10.0.0.67:3389 152.163.21.32:63693 ESTABLISHED
 <略>
TCP 10.0.0.67:49196 instance-data:http CLOSE_WAIT

[UDPを指定]

C:\Users\Administrator>netstat -ap udp

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
UDP 0.0.0.0:3389 *:*
UDP 0.0.0.0:5355 *:*
UDP 10.0.0.67:137 *:*
UDP 10.0.0.67:138 *:*

oオプションをつけるとプロセスIDが表示されます。

C:\Users\Administrator>netstat -o

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態  PID
TCP 10.0.0.67:3389 fz98a<略> ESTABLISHED 1632
TCP 10.0.0.67:49204 insta<略> CLOSE_WAIT 1400

vオプションをつけるとサービス名または実行ファイル名(もしくは両方)が表示されます。

C:\Users\Administrator>netstat -b

アクティブな接続

プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
TCP 10.0.0.67:3389 fz98a<略> ESTABLISHED
TermService
[svchost.exe]
TCP 10.0.0.67:49204 insta<略> CLOSE_WAIT
[Ec2Config.exe]

rオプションをつけるとルートテーブルが表示されます。

C:\Users\Administrator>netstat -r
==================
IPv4 ルート テーブル
==================
アクティブ ルート:
ネットワーク宛先 ネットマスク ゲートウェイ インターフェイス メトリック
0.0.0.0 0.0.0.0 10.0.0.1 10.0.0.67 10
10.0.0.0 255.255.255.0 リンク上 10.0.0.67 266
    <略>
==================
固定ルート:
なし
<略>

eオプションをつけるとインターフェース統計情報が表示されます。

C:\Users\Administrator>netstat -e
インターフェイス統計
受信 送信
バイト 11161868 14052832
ユニキャスト パケット 89428 70916
ユニキャスト以外のパケット 0 1012
破棄パケット 0 0
エラー パケット 0 0
不明なプロトコル パケット 0

sオプションをつけるとプロトコルごとの統計情報が表示されます。ここではpオプションを併用して、tcpのみ表示しています

C:\Users\Administrator>netstat -sp tcp
IPv4 の TCP 統計
アクティブ オープン = 111
パッシブ オープン数 = 4
失敗した接続試行数 = 2
リセットされた接続 = 3
現在の接続 = 2
受信したセグメント = 23018
送信したセグメント = 18959
再送信されたセグメント = 2
   <以下略>

以上。


コメント