Windows Server 2016、2019のWindows Update オプションを理解する

Windows Server 2012 R2ではWindows Updateをする場合、以下の2つの追加オプションがありました。

  • 推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する
  • Windows の更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムを入手する
Windows Server 2012 R2 の Windows Update
Windows Server 2012 R2 の Windows Update

一方でWindows Server 2016、2019の場合は「推奨される更新プログラム」のオプションがなく、オプションは以下の一つだけになります。

  • Windows の更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムを入手する

これは OSではなくSQLServer など Micorosoft 製品の更新プログラムを入手するかどうかのオプションです。

Windows Server 2016 の Windows Update
Windows Server 2016 の Windows Update

「機能の更新を延期する」はWindows 10以降のクライアントOSの場合に摘要される設定項目です。Windows 10 以降のクライアントOSでは継続的に機能が更新されるモデルになりました(CBモデル、CBBモデル)。

一方で機能が更新されると困る人たちもいます。アプリケーションの互換性の問題が生じる可能性があるからです。そのような人向けに機能が固定されたLTSCモデルも用意されています。LTSCの場合は機能の更新はおこなわれず、セキュリティ更新プログラムおよび修正プログラムのみが提供されます。

Windows Server 2016 などのサーバーOSの場合は、LTSCモデルに固定されているため、「機能の更新を延期する」は適用されない設定項目になります。

チェックをつけても動作は変わらないはずですが、デフォルトの「チェックなし」のままそっとしておきましょう。

コメント