Windowsのコマンドプロンプトを使ってLinuxにSSH接続する

ssh コマンドを使うことで Windowsの標準機能でLinuxにSSH接続できます。

1. 基本的な使い方

書式

ssh [ユーザー名]@[ホスト名 または IPアドレス]

※参考:「コマンドプロンプト」の開き方

LinuxサーバーであるWEB01にユーザーuser1 で接続してみます。
※ここで指定するユーザーはLinuxのOSユーザーです

>ssh user1@web01
The authenticity of host ‘web01 (192.168.1.5)’ can’t be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:pDN6sO15+1KHaHV/+R2kJYwAJgSxxJ0D5/4MQT2kpy8.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added ‘web01’ (ECDSA) to the list of known hosts.
user1@web01’s password: パスワードを入力(表示されません)
Last login: Fri Apr 16 21:11:38 2021 from xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx
[user1@web01 ~]$
[user1@web01 ~]$
[user1@web01 ~]$

ホスト名で接続できない場合は以下のように、IPアドレスを指定して接続してみてください。
ssh user1@192.168.1.5

2. 操作ログを記録する

ssh コマンドはPowerShellでも利用できます。PowerShellの場合はTeratermのように操作ログを取得できるので、PowerShellを利用してログを取得するのを推奨します。
※参考:【PowerShell】LinuxにSSH接続して、操作ログの記録もおこなう

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。