【特徴比較】Windows を利用できるVPS 【おすすめプラン】

勉強や検証などちょっとした用途でWindowsを使いたい場合は、クラウドより費用の安いVPSが有力な選択肢となります。費用面で検討すべき確認点は以下の3点となります。

  • 初期費用が発生するか
  • 最低利用期間はいくらか
  • 月額料金はいくらか

※本格的に使いたい、業務用に使いたい場合はVPSではなく、AWSやAzureなどのパブリッククラウドをおすすめします

結論

初期費用なし、最低利用期間なし、月額料金最安の Indigo for Windows Server で良いと思います。筆者もちょっとした確認や動作検証をおこなうときはIndigo for Windows Server を使っています。
※参考: 【NTTPCのVPS】 Indigo for Windows Server の始め方

各社のVPSの比較

下表の月額はVPS料金とWindowsのライセンスを含んだ総額です。簡単な検証や勉強で使う場合を想定し、低スペックのプランを選定しています。なお、冒頭で述べた3つのポイントから、おすすめ順に掲載いております。
※バックアップやDNSなどその他のオプションを利用する場合は別途費用が発生する場合があります

Noサービス名おすすめプランスペック月額検討ポイント
1Indigo for
Windows Server
1650円プラン・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:100GB (SSD)

・Windows Server 2019
1650円初期費用なし
最低利用期間なし
業界最安
1ヶ月に満たない場合は時間割

NTTグループが提供
2ConoHa for
Windows Server
WIN2GB・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:100GB (SSD)
・Windows Server 2019
・Windows Server 2016
2200円初期費用なし
最低利用期間なし
1ヶ月に満たない場合は時間割
・GMOグループが提供
3カゴヤのVPSメモリー2GB・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:50GB (SSD)

・Windows Server 2019
2145円初期費用なし
最低利用期間なし
1ヶ月に満たない場合は日割
4お名前.com
デスクトップクラウド
for MT4
標準プラン・MEM:2.5GB
・CPU:3コア
・DISK:120GB (SSD)
・Windows Server 2019
1793円初期費用なし
最低利用期間3ヶ月
・回線速度10Gbps 共有
5さくらのVPSW2G・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:100GB (SSD)

・Windows Server 2019
・Windows Server 2016
2200円初期費用なし
最低利用期間3ヶ月
・さくらインターネットが提供
6ABLENET VPSV2・MEM:2.5GB
・CPU:3コア
・DISK:60GB (SSD)
※HDDの場合は200GB
・Windows Server 2019
・Windows Server 2016
・Windows Server 2012 R2
3070円初期費用 3123円
最低利用期間1ヶ月
料金体系がわかりにくい
7使えるネット2Gプラン・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:50GB (SSD)
Windows Server 2012R2
4400円初期費用4400
最低利用期間1ヶ月
8GMO VPS6GBプラン・MEM:6GB
・CPU:5コア
・DISK:400GB (SSD)
・Windows Server 2016
・Windows Server 2019
5698円初期費用4400
最低利用期間1ヶ月
Windowsはメモリ6GBから


当サイトおすすめのVPS

1. Indigo for Windows Server

✔ 特徴
  1. 初期費用なし、最低利用期間なし
  2. 国内最安値
  3. NTT グループが運営しているので法人でも安心して使える
  4. Office 365の持ち込みが可能
  5. リモートデスクトップ(RDS)SALも最安値

NTT グループのNTTPCが提供するIdigo for Windows Server です。初期費用が発生せず、最低利用期間もないので、とりあえず始めてみたい人におすすめのサービスです。利用後サーバーを削除すると費用が発生せず、利用期間が1ヶ月に満たない場合は時間割になりになります。「まずは使って確かめたい」という人におすすめのサービスです。当サイトでも「Indigo for Widows Server」を利用してます。

バックアップやDNS等のここでは紹介しきれない機能もありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

» 公式サイトで「Indigo for Widows Server」 を見てみる

2. ConoHa for Windows Server

✔ 特徴
  1. 初期費用が不要で手軽に始められる
  2. 最低利用期間なし
  3. Microsoft Officeが利用できるプランがある

ConoHa for Windows ServerもIndigo for Windows と同様に初期費用不要、最低利用期間なしです。基本的にはIndigo for Windows Server と変わりませんが、Microsoft Officeが事前にインストールされたサーバーを利用できるプランがあり「テレワーク用のOffice環境を使いたい」という希望をお持ちの方におすすめできるプランです。

» 公式サイトで「ConoHa for Windows Server」 を見てみる

まとめ

まずは初期費用がかからず、最低利用期間がないサービスを使ってみるのがおすすめです。使っていると、こんな機能が足りない、メモリやCPU等のスペックが足りない、などVPSに求める要件がわかってくると思います。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。