Windows Server 2016 が利用できるVPS

個人で検証用途で利用したい場合は、初期費用なし、最低利用料金なしの ConoHa for Windows Server 一択になると思います。当サイトでも Windows Server 2016 の検証を実施する際はConoHa for Windows Server を利用しています。

企業などで利用する場合は、サービス・プロバイダの信頼性、VPSの機能(バックアップ、拡張性など)を加味したうえで選定してください。

各社のVPSの比較

以下にWindows Server 2016 を利用できるVPSをまとめました。スペックに対する価格を比較しやすいように、メモリが2GB程度のプランを選定しています。
※GMO VPS の Windowsはメモリ 6GBが最低スペックとなります。

3Noサービス名おすすめプランスペック月額検討ポイント
1ConoHa for
Windows Server
WIN2GB・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:100GB (SSD)
・Windows Server 2019
Windows Server 2016
2200円初期費用なし
最低利用期間なし
1ヶ月に満たない場合は時間割
・GMOグループが提供
2さくらのVPSW2G・MEM:2GB
・CPU:3コア
・DISK:100GB (SSD)

・Windows Server 2019
Windows Server 2016
2200円初期費用なし
最低利用期間3ヶ月
・さくらインターネットが提供
3ABLENET VPSV2・MEM:2.5GB
・CPU:3コア
・DISK:60GB (SSD)
※HDDの場合は200GB
・Windows Server 2019
Windows Server 2016
・Windows Server 2012 R2
3070円初期費用 3123円
最低利用期間1ヶ月
料金体系がわかりにくい
4GMO VPS6GBプラン・MEM:6GB
・CPU:5コア
・DISK:400GB (SSD)
Windows Server 2016
・Windows Server 2019
5698円初期費用4400
最低利用期間1ヶ月
Windowsはメモリ6GBから

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。