Windows Server バックアップの古い世代を削除する

スポンサーリンク

Windows Server バックアップの古い世代または任意の世代を削除する場合は wbadmin delete backup コマンドを使用します。

1. 主なオプション

wbadmin delete backup コマンドの主なオプションは下記のとおりです。多くの場合下記の4つのオプションを理解すれば十分でしょう。

No.オプション説明
1-version任意のバックアップを指定して削除します。
2-deleteOldest 最も古いバックアップを削除します。
3-keepVersions指定した世代数を残して古いバックアップを削除します。
0 を指定すると全てのバックアップを削除します。
4-quietこのオプションを指定すると「削除しますか?」の確認を省略されます。
Windows Sever バックアップ 削除時のオプション

<参考>
マイクロソフト公式サイト:wbadmin delete systemstatebackup

2. 実行例

①バックアップ一覧を取得する

書式

wbadmin get versions

実行例

下記の例では2つのバックアップが存在することがわかります。

②任意のバックアップを削除する

任意のバックアップを削除する場合は「バージョン識別子」を指定します。

書式

wbadmin delete backup -version:<バージョン識別子>

※コロン(:)とバージョン識別子の間にスペースを入れないようにしてください。

実行例

下記の例では識別子が 01/02/2022-11:40 のバックアップを削除しています。

③最も古いバックアップを削除する

最も古いバックアップを削除する場合は deleteOldest オプションを指定します。

書式

wbadmin delete backup -deleteOldest

実行例

④指定した世代数を残して古いバックアップを削除する

指定した世代数を残して古いバックアップを削除したい場合は keepVersions オプションを指定します。

書式

wbadmin delete backup -keepVersions:<残す世代数>

実行例

最新の2世代のバックアップを残して古いバックアップを削除する例です。

⑤すべてのバックアップを削除する

すべてのバックアップを削除したい場合は keepVersions オプションで 0 を指定します。

書式

wbadmin delete backup -keepVersions:0

実行例

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか