.NET Framework 3.5 をオフラインでインストールする方法

インターネットに接続していれば役割と機能からインストールできますが、接続していない場合は代替ソースパスを指定する必要があります。下記の2つの方法があります。

1. インストールメディアを指定する

1. インストールメディアをCDドライブにセットします。

2.「役割と機能の追加」の以下の画面で「代替ソースパスの指定」をクリックします。

3. パスに ドライブ文字:sources\sxs を指定します。

ドライブ文字は環境により異なるのでディスクの管理などから確認してください。この例では D になっています。
※参考:「ディスクの管理」の開き方

2. ファイルを指定する

インストールメディアから .cab ファイルを取り出して任意のフォルダに配置することもできます。この方法であれば、CDドライブを使えないサーバーでも .NET Framework 3.5 をインストールできます。
microsoft-windows-netfx3-ondemand-package のみで問題ありません。

例えば C:\temp フォルダに.cabファイルを配置した場合は下記のように指定できます。

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。