USRLOGON.CMD とは

USRLOGON.CMD とはリモートデスクトップサービスを導入したサーバーに存在するスクリプトファイルで、ユーザーがサーバーにログオンしたときに実行されれます。

1. 格納場所

・リモートデスクトップサービスを導入すると %SystemRoot%\System32 フォルダに配置されます。

※参考: %SystemRoot% とは
※参考: セッションベースのデスクトップ(RDS)を手っ取り早く構築する 第1回

USRLOGON.CMD
USRLOGON.CMD

2. ログイン時に呼び出される

下記のレジストリキーの AppSetup に指定されており、ここに指定されたスクリプトはログオン時に実行されます。

  • レジストリキー: HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
  • 値: AppSetup
レジストリエディター
レジストリエディター

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。