【Copy-Item】PowerShell でファイルとフォルダをコピーする

書式

Copy-Item <コピー元> <コピー先>

※ファイルをコピーする場合は、コピー先のフォルダが存在することが前提です

実行例1. 同じフォルダにファイルをコピー

C:\folder1 フォルダ配下に存在する test1.txt をコピーして test2.txt を作成します。

PS> Copy-Item C:\folder1\test1.txt C:\folder1\test2.txt
PS> 

実行例2. 異なる場所にファイルをコピー

コピー先のフォルダが存在しない場合はエラーになります。

PS> Copy-Item C:\folder1\test1.txt C:\folder2\test2.txt
Copy-Item : パス 'C:\folder2\test2.txt' の一部が見つかりませんでした。
発生場所 行:1 文字:1
+ Copy-Item C:\folder1\test1.txt C:\folder2\test2.txt
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Copy-Item], DirectoryNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : System.IO.DirectoryNotFoundException,Microsoft.PowerShell.Commands.CopyItemCommand

実行例3. フォルダをコピー

フォルダをコピーすることもできます。下記の例では folder1 の中身はコピーされず folder2 が作成されます。

PS> Copy-Item C:\folder1 C:\folder2
PS> 

実行例4. サブフォルダとファイルを含めてフォルダをコピー

Recurse オプションを使用することで、サブフォルダやファイルを含めてフォルダをコピーできます。

PS> Copy-Item C:\folder1 C:\folder2 -Recurse
PS> 

以上。

PowerShell に関しては下記の本をお勧めしておきます。プログラミング初心者向けに丁寧に解説されています。2015年に出版された本ですが、PowerShell の基本的なコマンドはかわらないので何の問題もありません。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。