【New-Item】PowerShellでファイルとフォルダを作成する

PowerShell コマンドレットでファイルやフォルダを作成するには New-Item を使います。

1. New-Item コマンドのオプション

No.オプション説明
1-itemTypeFile : ファイルを作成する(デフォルト)。
Directory : フォルダを作成する。
2-Forceすでにファイルが存在する場合は上書きする。
ディレクトリが存在しない場合はディレクトリも作成する。
3-Value ファイル作成時に指定した文字列を書き込む。

2. New-Item コマンドの実行例

例1. ファイルを作成する

書式

New-Item <ファイル名>

※Item-Type は File がデフォルトであるため省略できます。
※ファイルパスにファイルの拡張子も含めてください。

実行例

C:\temp フォルダ配下に file01 というファイルを作成します。
C:\temp フォルダが存在することが前提です。

PS> New-Item C:\temp\file01.txt


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/01/16     11:43              0 file01.txt

実行例(フォルダが存在しない場合)

C:\temp2 フォルダ配下に file02 というファイルを作成します。
※Force オプションを指定することで、フォルダも作成されます

PS> New-Item C:\temp2\file01.txt -Force


    ディレクトリ: C:\temp2


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/01/27      8:59              0 file01.txt

例2. フォルダを作成する

書式

New-Item <フォルダ名> -itemType Directory

実行例

C:\temp フォルダ配下に foler01 というフォルダを作成します。

PS> New-Item C:\temp\folder01 -itemType Directory


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/01/16     11:40                folder01

例3. 指定した文字列を含むファイルを作成する

書式

New-Item <ファイル名> -Value <文字列>

※ファイルパスにファイルの拡張子も含めてください。

実行例

C:\temp フォルダ配下に test.txt というフォルダを作成し Hello World! という文字列を書き込みます。

PS> New-Item C:\temp\test.txt -Value "Hello World!"


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/01/16     12:12             12 test.txt

以上。

PowerShell に関しては下記の本をお勧めしておきます。プログラミング初心者向けに丁寧に解説されています。2015年に出版された本ですが、PowerShell の基本的なコマンドはかわらないので何の問題もありません。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。