AD の DNSフォワーダを設定してインターネットに接続する

スポンサーリンク

ADに参加したサーバーはDNSサーバーとしてADサーバーを参照していることが多いと思います。このときADに参加しているサーバー(メンバサーバー)がインターネットに接続したい場合、ADのDNSフォワーダーの設定が正しく設定されている必要があります。

1. DNS フォワーダーの概要

1.1. フォワーダーの設定が正しくされていない場合

例えばメンバサーバーが当サイト(win2012r2.com)にアクセスしたい場合、メンバサーバーはAD/DNSサーバーに win2012r2.com の IPアドレスを問い合わせます。しかしながらAD/DNSサーバーは社内のサーバーの情報しかもっていないので、win2012r2.com の IPアドレスを答えることができません。

1.2. フォワーダーの設定が正しくされている場合

フォワーダーが正しく設定されている場合は win2012r2.com の名前解決をおこなうことができます。今回の例ではフォワーダーとしてGoogleのDNSサーバーを指定しています。メンバサーバーから問い合わせを受けたAD/DNSサーバーは、GoogleのDNSサーバーに問い合わせをフォワードします。

2. DNS フォワーダーの設定方法

1. サーバーマネージャーを起動します。
※参考:「サーバーマネージャー」の開き方

2. 右上の「ツール」から「DNS」を選択します。

サーバーマネージャー - DNS
サーバーマネージャー – DNS

3. ADサーバーを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

DNSマネージャー
DNSマネージャー

4.「フォワーダー」タブで「編集」をクリックします。

5. 不要なエントリを削除し、フォワーダーのIPアドレスまたはDNS名を入力して「OK」をクリックします。
※この例では GoogleのDNSサーバーのIPアドレスである 8.8.8.8 を入力しています。

フォワーダーの編集
フォワーダーの編集

6.「適用」をクリックして設定を反映させます。

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか