WSUS を導入する

1. 確認済みOS

  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022

2. WSUS の導入手順

1. WSUS の インストール

1. サーバーマネージャーを起動します。
※参考: 「サーバーマネージャー」の開き方

2.右上の「管理」より「役割と機能の追加」を選択します。

サーバーマネージャー

3.「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(開始する前に)
役割と機能の追加ウィザード(開始する前に)

4.「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し「次へ」クリックします。

役割と機能の追加ウィザード(インストールの種類)
役割と機能の追加ウィザード(インストールの種類)

5. そのまま「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(サーバーの選択)
役割と機能の追加ウィザード(サーバーの選択)

6.「Windows Server Update Services」にチェックを入れます。

役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)
役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)

7.「管理ツールを含める」にチェックが入っていることを確認し「機能の追加」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)
役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)

8.「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)
役割と機能の追加ウィザード(サーバーの役割)

9.「機能の選択」画面でそのまま「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(機能)
役割と機能の追加ウィザード(機能)

10.「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(WSUS)
役割と機能の追加ウィザード(WSUS)

11. そのまま「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(WSUS 役割サービス)
役割と機能の追加ウィザード(WSUS 役割サービス)

12. ダウンロードした更新プログラムを保存する場所を指定します。この例では C:\WSUS としています。

役割と機能の追加ウィザード(コンテンツ)
役割と機能の追加ウィザード(コンテンツ)

13. そのまま「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(Webサーバーの役割)
役割と機能の追加ウィザード(Webサーバーの役割)

14. 変更せず、そのまま「次へ」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(Webサーバーの役割-サービス)
役割と機能の追加ウィザード(Webサーバーの役割-サービス)

15.「インストール」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(確認)
役割と機能の追加ウィザード(確認)

16.「閉じる」をクリックします。

役割と機能の追加ウィザード(結果)
役割と機能の追加ウィザード(結果)

以上

2. 展開後の WSUS の構成

1.サーバーマネージャー の右上の旗から「インストール後タスクを起動する」をクリックします。

WSUS - 展開後構成
WSUS – 展開後構成

2. 展開後の構成が始まるので待機します。少々時間がかかります。

WSUS - 展開後構成
WSUS – 展開後構成

3. 問題なく完了したことを確認します。

WSUS - 展開後構成
WSUS – 展開後構成

以上。

3. WSUS の初期セットアップ

1.「管理ツール」を起動します。
※参考:「管理ツール」の開き方

2.「Windows Server Update Services」をクリックします。

管理ツール - Windows Server Update Services
管理ツール – Windows Server Update Services

3.「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - はじめに
Windows Server Update Services 設定ウィザード – はじめに

4.「次へ」をクリックします。
※品質向上プログラムに参加するメリットはないのでチェックをオフにすることをおすすめします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - Microsoft Update 品質向上プログラム
Windows Server Update Services 設定ウィザード – Microsoft Update 品質向上プログラム

5. アップストリームサーバーを指定して「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - アップストリームサーバーの選択
Windows Server Update Services 設定ウィザード – アップストリームサーバーの選択

6. 必要に応じてプロキシサーバーを指定し「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - プロキシサーバーの指定
Windows Server Update Services 設定ウィザード – プロキシサーバーの指定

7.「接続の開始」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - プロキシサーバーの指定
Windows Server Update Services 設定ウィザード – プロキシサーバーの指定

8.「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - アップストリームサーバーの選択
Windows Server Update Services 設定ウィザード – アップストリームサーバーの選択

9. 必要な言語を選択して「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - 言語の選択
Windows Server Update Services 設定ウィザード – 言語の選択

10. 更新プログラムが必要な製品を選択し「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - 製品の選択
Windows Server Update Services 設定ウィザード – 製品の選択

11. 同期の設定をして「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - 同期スケジュールの設定
Windows Server Update Services 設定ウィザード – 同期スケジュールの設定

12. 初期同期をおこなうか選択して「次へ」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - 終了
Windows Server Update Services 設定ウィザード – 終了

13.「完了」をクリックします。

Windows Server Update Services 設定ウィザード - 次に実行する作業
Windows Server Update Services 設定ウィザード – 次に実行する作業

以上。完了したら「Windows Server Update Services」を起動します。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。