【Windows 11】リモートデスクトップを有効にする

1. 前提条件

接続される側(ホスト)が Windows 11の場合 エディションは Pro である必要があります。
※参考:【リモートデスクトップ】クライントとホストの違い

エディションは「Windowsのバージョン情報」から確認できます。
※参考:「Windows のバージョン情報」の開き方

Windows11 - Windows のバージョン
Windows11 – Windows のバージョン

2. リモートデスクトップの有効化手順

1. Windows ロゴキーI キー を同時に押し「設定」を開きます。

2.「システム」を選択します。

Windows11 - 設定 - システム
Windows11 – 設定 – システム

3.「リモートデスクトップ」を選択します。

Windows11 - 設定 - システム
Windows11 – 設定 – システム

4.「リモートデスクトップ」を有効にします。

Windows11 - 設定 - システム - リモートデスクトップ
Windows11 – 設定 – システム – リモートデスクトップ

5.「リモートデスクトップを有効にしますか?」の画面で「確認」をクリックします。

リモートデスクトップを有効にしますか?
リモートデスクトップを有効にしますか?

6.「リモートデスクトップ」を有効になったことを確認します。

Windows11 - 設定 - システム - リモートデスクトップ
Windows11 – 設定 – システム – リモートデスクトップ

7.「リモートデスクトップ」で接続できることを確認します。

※参考:「リモートデスクトップ接続」の開き方

リモートデスクトップ接続
リモートデスクトップ接続

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。