【Windows 11】リモートデスクトップを有効にする

スポンサーリンク

1. 前提条件

接続される側(ホスト)が Windows 11の場合 エディションは Pro である必要があります。
※参考:【リモートデスクトップ】クライントとホストの違い

エディションは「Windowsのバージョン情報」から確認できます。
※参考:「Windows のバージョン情報」の開き方

Windows11 - Windows のバージョン
Windows11 – Windows のバージョン

2. リモートデスクトップの有効化手順

1. Windows ロゴキーI キー を同時に押し「設定」を開きます。

2.「システム」を選択します。

Windows11 - 設定 - システム
Windows11 – 設定 – システム

3.「リモートデスクトップ」を選択します。

Windows11 - 設定 - システム
Windows11 – 設定 – システム

4.「リモートデスクトップ」を有効にします。

Windows11 - 設定 - システム - リモートデスクトップ
Windows11 – 設定 – システム – リモートデスクトップ

5.「リモートデスクトップを有効にしますか?」の画面で「確認」をクリックします。

リモートデスクトップを有効にしますか?
リモートデスクトップを有効にしますか?

6.「リモートデスクトップ」を有効になったことを確認します。

Windows11 - 設定 - システム - リモートデスクトップ
Windows11 – 設定 – システム – リモートデスクトップ

7.「リモートデスクトップ」で接続できることを確認します。

※参考:「リモートデスクトップ接続」の開き方

リモートデスクトップ接続
リモートデスクトップ接続

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか