Windows の回復パーティションを削除する

1. はじめに

下図のように「回復パーティション」を削除して「未割り当て」の状態にする方法を説明します。

「ディスクの管理」から回復パーティションを削除することはできないので diskpart コマンドを使って削除します。

※参考:「ディスクの管理」の開き方

2. 手順

1. コマンドプロンプトを開きます。
※参考:「コマンドプロンプト」の開き方

2. diskpart コマンドを実行すると diskpart コマンドのプロンプトが起動します。

C:\Windows\system32>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.22000.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: WIN11

DISKPART>

3. まずは list disk コマンドでコンピューターに搭載されているディスクを確認します。
この例ではディスクは1本のみ搭載されています

DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン            60 GB  1024 KB        *

DISKPART>

4. 次に作業対象ディスクを select disk コマンドで選択します。

書式

select disk <ディスク番号>

この例では回復したいパーティションがディスク0に存在するので、ディスク0を選択しています。

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART>

5. list disk コマンドで正しいディスクが選択されていることを確認します。先頭にアスタリスク (*) がついているディスクが現在選択されているディスクです。

DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
* ディスク 0    オンライン            60 GB   647 MB        *

DISKPART>

現在の状態を視覚的に表現すると、下図のようにディスク0 が選択された状態となります。

ディスクの管理

6. 今度は list partition コマンドで選択したディスクのパーティションを確認します。今回、削除したい回復パーティションは Partition 4であることがわかります。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    システム             100 MB  1024 KB
  Partition 2    予約済み              16 MB   101 MB
  Partition 3    プライマリ            59 GB   117 MB
  Partition 4    回復                 646 MB    59 GB

DISKPART>

7. select partition コマンドでパーティションを選択します。

書式

select partition <パーティション番号>

DISKPART> select partition 4

パーティション 4 が選択されました。

DISKPART>

8. list partition コマンドで正しいパーティションが選択されていることを確認します。先頭にアスタリスク (*) がついているパーティションが現在選択されているパーティションです。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    システム             100 MB  1024 KB
  Partition 2    予約済み              16 MB   101 MB
  Partition 3    プライマリ            59 GB   117 MB
* Partition 4    回復                 646 MB    59 GB

DISKPART>

現在の状態を視覚的に表現すると、下図のようにディスク0 の パーティション4 が選択された状態となります。

ディスクの管理

9. 最後に delete partition override コマンドで選択中のパーティションを削除します。

DISKPART> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART>

回復パーティションが削除されて未割り当てとなったことがわかります。

ディスクの管理

list partition コマンドの実行結果からも Partition 4 が削除されていることがわかります。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    システム             100 MB  1024 KB
  Partition 2    予約済み              16 MB   101 MB
  Partition 3    プライマリ            59 GB   117 MB

DISKPART>

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。