nslookup「権限のない回答」とは

1. 結論

DNSサーバーは大きくわけて下記の2つがありますが、問い合わせたDNSサーバーがキャッシュDNSサーバーの場合は「権限のない回答」となります。

  • キャッシュDNSサーバー
  • 権威DNSサーバー

nslookup コマンドで名前解決をすると「権限のない回答」の表示があることが大半ですが、特にこれは問題ありません。

2. キャッシュDNSサーバーと権威DNSサーバーの違いについて

ここからは手を動かしながら、キャッシュDNSサーバーと権威DNSサーバーについて学びましょう。

2.1. 当サイトの名前解決を実施してみる

当サイト(win2012r2.com)の名前解決をしてみましょう。コマンドプロンプトを開いて nslookup win2012r2.com 8.8.8.8 コマンドを実行してください。ここで指定した 8.8.8.8 はGoogleのDNSサーバーとなります。

CMD>nslookup win2012r2.com 8.8.8.8
サーバー:  dns.google
Address:  8.8.8.8

権限のない回答:
名前:    win2012r2.com
Address:  49.212.180.105

当サイト(win2012r2.com)のIPアドレスが 49.212.180.105 であることがわかったと思います。また「権限のない回答」と表示されていることがわかります。「権限のない回答」とはどうい意味なのかを理解するために、名前解決の流れを理解してください。

2.2. 名前解決の流れ

名前解決をリクエストしたときには、実は裏で下記のやりとりが発生しています。
※下記は説明を簡略化しております(実際には権威DNSサーバーは階層構造になっています)。

  1. クライアントが win2012r2.com のIPアドレスをキャッシュDNSサーバーに問い合わせる。
  2. キャッシュ DNSサーバーは権威DNSサーバーに win2012r2.com のIPアドレスを問い合わせる。
    ※キャッシュにwin2012r2.com の情報があれば権威DNSサーバーには問い合わせない
  3. 権威DNSサーバーはキャッシュDNSサーバーに win2012r2.com のIPアドレス 49.212.180.105 を返す。
  4. キャッシュDNSサーバーはクライアントに win2012r2.com のIPアドレス 49.212.180.105 を返す。

3. 権威DNSサーバーに直接問い合わせてみる

冒頭に書いた通り、問い合わせたDNSサーバーがキャッシュDNSサーバーの場合は「権限のない回答」となります。通常クライアントは権威DNSサーバーに直接問い合わせず、キャッシュDNSサーバーを経由して名前を解決するため、ほとんどの場合は「権限のない回答」となります。

権威DNSサーバーに直接問い合わせることもできます。コマンドプロンプトを開いて nslookup win2012r2.com ns1.dns.ne.jp コマンドを実行してください。「権限のない回答」の表示がないことがわかります。

当サイトはさくらインターネットのレンタルサーバーを利用しており、さくらインターネットが提供する ns1.dns.ne.jp が権威DNSサーバーとなります。

CMD>nslookup win2012r2.com ns1.dns.ne.jp
サーバー:  ns1.dns.ne.jp
Address:  61.211.236.1

名前:    win2012r2.com
Address:  49.212.180.105

※DNSサーバーの指定はIPアドレスでも、ホスト名でも問題ありません。

CMD>nslookup win2012r2.com 61.211.236.1
サーバー:  ns1.dns.ne.jp
Address:  61.211.236.1

名前:    win2012r2.com
Address:  49.212.180.105

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。