ファイルの拡張子の表示をコマンドで有効化する

1. やりたいこと

フォルダーオプションの「登録されている拡張子は表示しない」の有効・無効をコマンドで実施する。

2. 実現方法

PowerShell またはコマンドプロンプトで、レジストリを書き換えることで実現できます。

PowerShellとコマンドプロンプトでパスの指定方法が異なるので注意してください。

2.1. PowerShell

Set-ItemProperty コマンドでレジストリの既存の値のデータを変更します。

2.1.1. ファイル名拡張子を表示する

PS> Set-ItemProperty -LiteralPath "HKCU:Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" -Name "HideFileExt" -Value "0" -Force

※コマンドは1行で入力してください

2.1.2. ファイル名拡張子を非表示にする

PS> Set-ItemProperty -LiteralPath "HKCU:Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" -Name "HideFileExt" -Value "1" -Force

※コマンドは1行で入力してください

2.2. コマンドプロンプト

reg add コマンドでレジストリを操作します。

2.2.1. ファイル名拡張子を表示する

CMD> reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "HideFileExt" /d "0" /t  REG_DWORD /f

※コマンドは1行で入力してください

2.2.2. ファイル名拡張子を非表示にする

CMD> reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "HideFileExt" /d "1" /t  REG_DWORD /f

※コマンドは1行で入力してください

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。