【Get-ChildItem】PowerShell でファイルとフォルダを一覧表示する

Get-ChildItem コマンドでファイルとフォルダの一覧を表示することができます。Linux の ls と同等の機能となります。それでは実際にコマンドを実行しながら動作を確認していきましょう。

実行例1. 現在のフォルダ配下のファイルとフォルダを表示する

Get-ChildItem コマンドを単体で打つと現在のフォルダ配下に存在するフォルダとファイルの一覧を表示しましす。

この例では、まず cd コマンドで Cドライブ直下 (C:\) に移動してから、Cドライブ直下のファイルとフォルダの一覧をGet-ChildItem で取得しています。

PS> cd C:\  
PS C:\> 
PS C:\> Get-ChildItem


    ディレクトリ: C:\


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----

d-----        2018/12/08     16:28                Intel
d-----        2021/06/05     21:10                PerfLogs
d-r---        2022/02/16      8:20                Program Files
d-r---        2022/02/05      8:01                Program Files (x86)

d-----        2020/08/24      7:49                shortcut
d-r---        2022/02/05      8:02                Users
d-----        2022/05/19     19:58                Windows
d-----        2022/05/11      8:15                work_ps


PS C:\>

実行例2. 隠しファイルと隠しフォルダも表示する

Get-ChildItem コマンドに -Force オプションをつけることで隠しファイルも表示することができます。

PS C:\> Get-ChildItem -Force


    ディレクトリ: C:\


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d--hs-        2021/04/19     18:46                $Recycle.Bin
d--h--        2022/05/15     19:04                $WinREAgent
d--hsl        2018/12/06     21:53                Documents and Settings

d-----        2018/12/08     16:28                Intel
d--h--        2020/04/28      8:40                OneDriveTemp
d-----        2021/06/05     21:10                PerfLogs
d-r---        2022/02/16      8:20                Program Files
d-r---        2022/02/05      8:01                Program Files (x86)
d--h--        2022/02/05      8:08                ProgramData
d--hs-        2022/04/03      8:05                Recovery
d-----        2020/08/24      7:49                shortcut
d--hs-        2021/11/28     16:27                System Volume Information
d-r---        2022/02/05      8:02                Users
d-----        2022/05/19     19:58                Windows
-a-hs-        2022/05/15     19:14          12288 DumpStack.log.tmp
-a-hs-        2022/05/23     13:15     6733901824 hiberfil.sys
-a-hs-        2022/05/15     19:14     9352491008 pagefile.sys
-a-hs-        2022/05/15     19:14       16777216 swapfile.sys


PS C:\>

実行例3. 指定したフォルダの配下のフォルダとファイルを表示する

これまではカレントフォルダ配下のフォルダとファイルを表示していまいたが、パスを指定することも可能です。Get-ChildItem <フォルダパス> のように指定します。

PS> Get-ChildItem D:\tmp


    ディレクトリ: D:\tmp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/05/24      8:52                study
-a----        2022/05/24      8:52              0 test.txt

PS>

実行例4. サブフォルダとサブフォルダ配下のファイルも含めて表示する

Get-ChildItem コマンドに -Recurse オプションをつけることで隠しファイルも表示することができます。

PS> Get-ChildItem D:\tmp -Recurse


    ディレクトリ: D:\tmp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/05/24     21:34                study
-a----        2022/05/24     21:34              8 test.txt


    ディレクトリ: D:\tmp\study


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/05/24     21:34                study2


    ディレクトリ: D:\tmp\study\study2


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/05/24     21:34                study3


    ディレクトリ: D:\tmp\study\study2\study3


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/05/24     21:34              0 test2.txt


PS>

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。