サービスアカウントのIEのプロキシ設定を実施する

Windows には Administrator や ユーザーが追加した通常のユーザー以外に、サービスアカウントと呼ばれるWindows OSのサービスを実行する特別なユーザーが3つ存在します。

  • LOCALSYSTEM
  • NETWORKSERVICE
  • LOCALSERVICE

IEのプロキシの設定はユーザー個別の設定ですが、実はこれらのサービスアカウントも個別に設定を持っています。
※参考: IEのプロキシとWinHTTP Proxy

1. 書式

※コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、コマンドを実行してください。

1. 現在の設定を確認する

書式

bitsadmin /util /getieproxy <サービスアカウント名>

2. 現在の設定を変更する

書式

bitsadmin /util /setieproxy <サービスアカウント名> <オプション>

3. パラメーター

Noオプション説明
1サービスアカウント下記の3種類を指定できます。
LOCALSYSTEM
NETWORKSERVICE
LOCALSERVICE
2プロキシの指定AUTODETECT:設定を自動的に検出する設定です。
NO_PROXY : プロキシサーバーを利用しない設定です。
MANUAL_PROXY:プロキシサーバーの指定を手動で実施します。

4. 実行例

ここではプロキシの設定を変更する例を示します。なお、変更後は bitsadmin /util /getieproxy <サービスアカウント名> コマンドで設定値を確認するようにしてください。

実行例 1. 現在のプロキシ設定を確認

この例では LOCALSYSTEMのプロキシ設定を確認しています。AUTODETECT となっており自動検出となっていることがわかります。AUTODETECT がデフォルトです。

CMD> bitsadmin /util /getieproxy LOCALSYSTEM

BITSADMIN version 3.0
BITS administration utility.
(C) Copyright 2000-2006 Microsoft Corp.

BITSAdmin is deprecated and is not guaranteed to be available in future versions of Windows.
Administrative tools for the BITS service are now provided by BITS PowerShell cmdlets.

Current Internet proxy settings for account LOCALSYSTEM:
(connection = default)

Proxy usage:  AUTODETECT  <-- 自動検出

CMD>

実行例 2. 現在のプロキシ設定をNO PROXYに変更

この例では LOCALSYSTEMのプロキシ設定をNO_PROXYに変更しています。

CMD> bitsadmin /util /setieproxy localsystem NO_PROXY

BITSADMIN version 3.0
BITS administration utility.
(C) Copyright 2000-2006 Microsoft Corp.

BITSAdmin is deprecated and is not guaranteed to be available in future versions of Windows.
Administrative tools for the BITS service are now provided by BITS PowerShell cmdlets.

Internet proxy settings for account localsystem set to NO_PROXY.
(connection = default)

CMD>

実行例 3. プロキシサーバーを手動で指定(バイパスなし)

プロキシサーバーを手動で指定する場合は bitsadmin /util /setieproxy <プロキシサーバー> “<バイパス>” のように指定します。

下記の例ではLOCALSYSTEMが利用するプロキシサーバーに http://test.com:8080 を指定しています。
※”” とすることでバイパス設定は無しとしています。

CMD> bitsadmin /util /setieproxy LOCALSYSTEM MANUAL_PROXY http://test.com:8080 ""

BITSADMIN version 3.0
BITS administration utility.
(C) Copyright 2000-2006 Microsoft Corp.

BITSAdmin is deprecated and is not guaranteed to be available in future versions of Windows.
Administrative tools for the BITS service are now provided by BITS PowerShell cmdlets.

Internet proxy settings for account LOCALSYSTEM were set.
(connection = default)

Proxy usage set to       MANUAL_PROXY
Proxy list set to        http://test.com:8080
Proxy bypass list set to <empty>

CMD>

実行例 4. プロキシサーバーを手動で指定(バイパスあり)

プロキシサーバーを手動で指定する場合は bitsadmin /util /setieproxy <プロキシサーバー> “<バイパス>” のように指定します。

この例ではLOCALSYSTEMが利用するプロキシサーバーに http://test.com:8080 を指定しています。
さらに 10.70.*.*192.168.40.* に対する通信はバイパスさせています。

実行例 5. 自動構成スクリプトを指定

この例ではLOCALSYSTEMのプロキシに自動構成スクリプトを指定しています。

CMD> bitsadmin /util /setieproxy LOCALSYSTEM AUTOSCRIPT http://test.com:8080/test.js

BITSADMIN version 3.0
BITS administration utility.
(C) Copyright 2000-2006 Microsoft Corp.

BITSAdmin is deprecated and is not guaranteed to be available in future versions of Windows.
Administrative tools for the BITS service are now provided by BITS PowerShell cmdlets.

Proxy auto discovery script set to http://test.com:8080/test.js.
(connection = default)

CMD>

<参考>

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。