Windows 標準機能でスクリーンショットを自動で取得する

スポンサーリンク

「後で見返すかわからないけと、とりあえずエビデンスを取っておきたい」そんなときに使えるのがステップ記録ツールです。ユーザーのマウス操作やキーボード操作を自動的にキャプチャします。

逆にいうと手順書用のスクリーンショットを取る場合などは不向きかもしれません。Windows の標準ツールなので、まずはご自身で評価してみることをおすすめします。

<参考>
デスクトップにフォルダを作成する様子をキャプチャ ※クリックで拡大します

1. コマンドで操作

1. キャプチャの開始を実施します。

書式

psr /start /output <ファイルの出力先> /maxsc <取り込み画像数> /gui 0

CMD> psr /start /output C:\tmp\evidence_20221002.zip /maxsc 999 /gui 0

※上記の場合 C:\tmp フォルダは事前に作成しておく必要があります。

2. キャプチャを停止します。

CMD> psr /stop

停止しない限りスクリーンショットを取り続けるので忘れずに停止してください。予期せぬトラブルの原因となります。

以上。

2. GUIで操作

1. ステップ記録ツール を起動します。
※参考: ステップ記録ツールの開き方

2.「▼」- 「設定」をクリックします。

3.「保存する最新の取り込み画像数」を最大の999に変更します。

4.「参照」をクリックして出力ファイルを指定します。

5.「記録の開始」をクリックします。

6. スクリーンショットを取得したい作業を実施します。

7.「記録の停止」をクリックします。

8. zipファイルが作成されます。

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか