ADと時刻同期できていることを確認する

スポンサーリンク

Windows サーバーがADに参加すると時刻の同期先が自動的にドメインコントローラーになります。実際にドメインコントローラーと時刻同期できていることは w32tm コマンドで確認できます。

1. 設定の確認

コマンドプロンプトで w32tm コマンドを実行して設定を確認します。
※参考:「コマンドプロンプト」の開き方

書式

w32tm /query /configuration

実行結果の「タイム プロバイダー」の TypeNT5DS になっていれば、ドメインコントローラーと時刻同期する設定になっていることがわかります。
※参考:NT5DS (ポリシー) と NT5DS (ローカル) の違い

2. 時刻同期の状態の確認

書式

w32tm /query /status

ドメインコントローラーと時刻同期する設定になっていても、時刻同期に失敗している場合もありますので w32tm /query /status コマンドで確認します。ソースIPがドメインコントローラーになっていることを確認します。

以上。

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか