ADと時刻同期できていることを確認する

Windows サーバーがADに参加すると時刻の同期先が自動的にドメインコントローラーになります。実際にドメインコントローラーと時刻同期できていることは w32tm コマンドで確認できます。

1. 設定の確認

コマンドプロンプトで w32tm コマンドを実行して設定を確認します。
※参考:「コマンドプロンプト」の開き方

書式

w32tm /query /configuration

実行結果の「タイム プロバイダー」の TypeNT5DS になっていれば、ドメインコントローラーと時刻同期する設定になっていることがわかります。
※参考:NT5DS (ポリシー) と NT5DS (ローカル) の違い

2. 時刻同期の状態の確認

書式

w32tm /query /status

ドメインコントローラーと時刻同期する設定になっていても、時刻同期に失敗している場合もありますので w32tm /query /status コマンドで確認します。ソースIPがドメインコントローラーになっていることを確認します。

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。