仮想マシンは1ドライブ 1ディスク 構成に

仮想マシンのディスク構成は1ドライブ 1ディスク構成にしましょう。

1ディスク複数構成にした場合、管理性が低下します。
例えば以下の例ではディスク2にEドライブとFドライブが存在しています。Eドライブの容量を拡張したい場合、Fドライブをまたいだドライブ拡張が必要となります。
※参考:「ディスクの管理」の開き方

この場合、ディスクの種類が、ベーシックからダイナミックに変換されてしまいます。ダイナミックディスクをサポートしてない、Windowsの機能やアプリケーションもあるので、互換性の確認が必要になってきます。

以上。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。