Windows Server 2012R2でストライプボリュームを作成する

今回は Windows Server 2012R2でストライプボリュームを作成する方法を説明します。ストライプボリュームとは、RAID0のことです。また、今回のようにハードウェアではなく、OS側で設定するRAIDのことをソフトウェアRAIDと呼びます。
※ディスク作成時にハードウェアRAIDを組むことが圧倒的に多いので、本稿で説明する手順を実行することはあまりないでしょう。

ストライプボリュームは以下のように複数のディスクにまたがって構成され、各ディスクに分散して、データの書き込みがおこなわれます。複数で構成しているディスクのうち1つでも故障すると、ドライブ全体の故障となるため、通常のシンプルボリュームより、可用性が低下します。
また、ストライプボリュームを作成する場合は、ディスクがダイナミックディスクになるので注意してください。ダイナミックディスクをサポートしていない Windowsの機能やアプリケーションがあります。

ストライプボリュームで利用するディスクのサイズは同じサイズが望ましいですが、異なるサイズでも作成可能です。※ただし各ディスクで利用するサイズは同一にする必要があるため、各ディスクが利用できるサイズの最大値は最小ディスクの容量となります。

今回は100GB の ディスク2 と 50GB のディスク3 というサイズが異なるディスクを利用して、ストライプボリュームを作成してみます。

1. ストライプボリュームで利用するディスクの1つを右クリックし、[新しいストライプボリューム]を選択します。

2. ディスクの選択画面で、追加するディスクを選択します。


※[最大ディスク領域]がディスク3のサイズである 50GBになっていることがわかります。

3. ドライブ文字を指定します。

4. [クイックフォーマット]にチェックを入れて次に進みます。
※シンプルボリュームの作成の場合と異なり、デフォルトで [クイックフォーマット]にチェックが入ってませんが、今回はクイックフォーマットを有効にして進めます。

5. 内容を確認し、ウィザードを完了させます。

6. 以下の警告がでるので、[はい] をクリックします。
ストライプボリュームではディスクがダイナミックディスクとなるので、このような警告がでますが、利用するディスクからOSをブートする予定がなければ、続行して問題ありません。

7. 完了すると以下のようにストライプボリュームが作成されます。

以上。

コメント