LinuxからWindowsの共有フォルダSMBをマウントする

スポンサーリンク

1. Windowsの設定確認

Windowsの共有フォルダはプロトコルSMB、共有名はtestdirで作成


2. Linux側の設定

samba-client および cifs-utils をインストール

# yum install samba-client
# yum install cifs-utils

マウントポイントの作成(今回は/data)を作成

# mkdir /data

Windowsの共有フォルダをマウント ※Windowsの名前解決ができないので今回はサーバ名ではなくIPで指定
[書式]
mount -t cifs //サーバ名/共有名 /data -o username=<Windowsのユーザ名>

# mount -t cifs //10.1.11.148/testdir /data -o username=Administrator

マウントできていることを確認

# df -hT
Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs devtmpfs 483M 60K 483M 1% /dev
tmpfs tmpfs 493M 0 493M 0% /dev/shm
/dev/xvda1 ext4 7.9G 1.2G 6.7G 15% /
//10.1.11.148/testdir cifs 10G 44M 10G 1% /data

コメント

このページは「広告ブロッカー」を使っている人だけに表示される隠しページです。
ここにたどり着いたあなたには特別に当サイトのおすすめ書籍を紹介します。

当サイトのおすすめ書籍ランキング

第5位 達人プログラマー

第4位 マスタリングTCP/IP 入門編

第3位 ネットワークはなぜつながるのか

第2位 リーダブルコード

第1位 プログラムはなぜ動くのか