PowerShell スクリプトの実行方法いろいろ

1. カレントディレクトリのスクリプトを実行 その1

./ は現在のディレクトリを表します。下記の例では C:\temp フォルダにある sample.ps1 を実行しています。

# C:\tempに移動
PS C:\> cd C:\

# スクリプトを実行
PS C:\temp> ./sample.ps1
Hello World!

2. カレントディレクトリのスクリプトを起動 その2

.\ も現在のディレクトリを表します。

# C:\tempに移動
PS C:\> cd C:\

# スクリプトを実行
PS C:\temp> .\sample.ps1
Hello World!

3. フルパスを指定して実行

PS C:\> C:\temp\sample.ps1
Hello

4. フルパスを指定して実行(フォルダ名にスペースがある場合)

フォルダ名にスペースがある場合は “” で囲いさらに先頭に & を付与する必要があります。

PS C:\> &"C:\temp folder\sample.ps1"
Hello

5. GUIから実行

右クリックメニューから「PowerShellで実行」を選択します。

以上。

PowerShell に関しては下記の本をお勧めしておきます。プログラミング初心者向けに丁寧に解説されています。2015年に出版された本ですが、PowerShell の基本的なコマンドはかわらないので何の問題もありません。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。