【Select-Object】PowerShell で項目を抜き出す

Select-Object は指定した項目(オブジェクト)を取り出すためのコマンドレットです。単体で使われずに基本的に | (パイプライン) と合わせて使われます。実際にコマンドを実行して動きを確認しましょう。

まずは Get-Service コマンドで W32Time サービスの情報を取得してみましょう。

> Get-Service W32Time

Status   Name               DisplayName
------   ----               -----------
Stopped  W32Time            Windows Time

次にここで表示されたコマンドの結果を | (パイプライン) を使って Select-Object に引き渡してみましょう。下の例では Select-Object は 受け取った結果から、Name オブジェクトだけを抜き出して表示しています。

> Get-Service W32Time | Select-Object Name

Name
----
W32Time

複数のオブジェクトを抜き出したい場合はコンマ(,) で区切ります。

> Get-Service W32Time | Select-Object Name, Status

Name     Status
----     ------
W32Time Stopped

以上。

PowerShell に関しては下記の本をお勧めしておきます。プログラミング初心者向けに丁寧に解説されています。2015年に出版された本ですが、PowerShell の基本的なコマンドはかわらないので何の問題もありません。

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。