ローカルアドレスにはプロキシサーバーを利用しない

1.「ローカルアドレスにはプロキシサーバーを利用しない」の動作

「ローカルアドレスにはプロキシサーバーを利用しない」にチェックを入れてもLAN内の通信がすべてプロキシを迂回する(バイパスする)動作になるわけではありません。結論から言うとIPアドレス指定およびFQDN指定の場合は、インターネットアドレスと見なされプロキシを経由した通信となります。

ローカル エリア ネットワーク(LAN)の設定
ローカル エリア ネットワーク(LAN)の設定

2. 具体例

下記の構成を例に具体的に説明します。

プロキシサーバーとの通信
プロキシサーバーとの通信

2.1. インターネットアドレスと認識される場合

IPアドレスおよびFQDNを指定してhttp(s) 通信をする場合はローカルアドレスとはみなされず、インターネットアドレスだと認識されます。

例えば、PCからWEB Server#1 に通信をする場合を考えてみたいと思います。2つは同じネットワークセグメントに所属しています。それにも関わらず、下記のような指定をした場合、ローカルアドレスとは見なされず、Proxyを経由した通信となります。

  • https://192.168.47.12
  • https://WEB01.mycompany.com

2.2. ローカルアドレスと認識される例

ホスト名指定の場合は所属しているネットワークセグメントに関わらず。ローカルアドレスとして認識されます。

  • https://WEB01
  • https://WEB02

3. ローカルアドレスを迂回させるには

明示的に例外を指定することで、プロキシを迂回させることができます。

プロキシの設定
プロキシの設定

4. WinHTTP Proxy の動作

当編集部で検証したところ WinHTTP Proxy も同じ挙動であることが確認できました。下記のようにローカルをバイパスする設定を入れても、IPアドレスやFQDNを指定した宛先については、同じセグメントでもプロキシを経由した接続となりました。

> netsh winhttp set proxy proxy-server="10.0.0.31:8080" bypass-list="<local>"

現在の WinHTTP プロキシ設定:

    プロキシ サーバー:  10.0.0.31:8080
    バイパス一覧     :  <local>

WinHTTP Proxy の詳細については下記のエントリを参照ください。
※参考: IEのプロキシとWinHTTP Proxy

以上。

参考サイト

コメント

大変申し訳ございません。当サイトは広告収入で運営しております。

当サイトを閲覧を継続するには広告ブロッカーをオフにするか、当サイトをホワイトリストに追加したうえで、再読み込みをしてください。